ロボット技術マッチングサイト

さがみロボット産業特区では、技術マッチング活動及び特区への参加を促進するため、ロボットへの活用可能な「優れた技術」を公開し、発信(見える化)する「ロボット技術マッチングサイト」を開設しました。

本マッチングサイトは、次のことを目指しています。

  • 「こんな技術がほしい!」と思っているロボット開発企業とのマッチングを促進させる。
  • 優れた技術を発信することにより、企業間交流のきっかけをつくり、新たなイノベーションを創出させる。
  • ロボット関連技術を見える化することで、自社の技術がどのようにロボットに応用できるかイメージを持ってもらうことにより、ロボット産業への興味をもつきっかけとしていただく。(特区やロボット産業への参加促進)

※新規掲載企業の募集は令和3年度より行う予定です。

※各企業の並びは毎回ランダムに表示されます。

  • ダブル技研株式会社

    カスタマイズ可能な汎用性の高いヒューマノイド型ロボットハンドです
    汎用ヒューマノイド型ロボットハンド

    少ないモータで複数の関節を動かし、把持対象物の形状に倣って把持する機構を用いることで、軽量かつコストを抑えることに成功したヒューマノイドロボットハンドです。各指の屈伸は独立駆動で、人差し指を中心とした内転・外転の稼働可能です。付属ソフトを使用したティーチングによるハンドリングタスク動作の制御可能です。 〔主な仕様(予告なく変更する場合がございます。)〕 可搬質量:2kg 本体重量:0.8kg(ロボット側とのメカニカルインターフェース含まず) 稼働関節数/アクチュエータ数:17関節/7個

    詳細を見る
  • エクストコム株式会社

    独自技術でセンサーの超小型化、高分解能、高耐環境性を実現します。
    超小型・高分解能ロータリエンコーダと変調波レゾルバ

    超小型ロータリエンコーダEV10は、外径φ10.5mmで2万Pulse/Rev.の3相パルス出力により、回転方向と最大8万分割の高精度な回転検出が可能です。 超小型変調波レゾルバは、外径はわずかφ6mmでありながら高周波励磁技術により8192分割の回転検出が可能で、振動、衝撃、汚れ、粉塵などの耐環境性に優れています。また超薄型、リニアセンサ、超高分解能型などの製作も可能です。

    詳細を見る
  • コアレスモータ株式会社

    コアレスモータ技術により小型・軽量・大出力インホイールモータを実現。
    小型・軽量・大出力インホイールモータ

    インホイールモータとは、車輪のハブシャフトを固定してモータボディを回転させる電気モータで、略してIWM(In-Wheel Motor)とも呼ばれています。インホイールモータは、エネルギー損失が少ない、車輪の角度を自由自在に選べる、車体/装置のレイアウト設計の自由度が増すなどの多くの利点があります。 コアレスモータとは鉄心を使用していない、巻き線コイルを重ねない方式を採用したモータで、インホイールモータに採用することで小型化・軽量化を実現しています。

    詳細を見る
  • モーションリブ株式会社

    位置制御と力制御を統合して扱うことで「感触」や「力加減」のデータ化・編集・伝送・再現を可能に
    ロボットに「触覚」と「力加減」を授ける力触覚技術「リアルハプティクス」

    慶應義塾大学で誕生した「リアルハプティクス(RH)」の導入支援(共同研究開発)とICチップ「AbcCore」の提供を行っています。RHとは、人の力加減や物の感触をデータ化し、編集・伝送・再現できる力触覚技術で、「職人技術の可視化」「感触を伴う遠隔操作」「脆く繊細なものを扱うロボット」「感触を伝えるVR」を実現できます。「AbcCore」をアクチュエータに取り付けることでRHを実装できます。

    詳細を見る
  • 株式会社小川優機製作所

    危険な高所壁面作業を吸着走行壁面診断ロボット「のぼる君」が解決します。
    吸着走行壁面診断ロボットに用いられる真空吸着技術及び打診検査機構

    中心技術は、ビルの壁面を上下左右走行移動しながら壁面の外装の劣化を調査診断する自社開発ロボット「のぼる君」に使用される「真空吸着技術」や「打診機構」です。 特許取得の「真空吸着技術」により、高い吸着持続性や自在な真空制御を実現しています。「打診機構」には打診ハンマー、モニタリング用カメラ、打診音収録マイクが搭載されており、収集したデータは、専用ソフトで解析、簡易判定をおこなうことができます。

    詳細を見る
  • マイクロテック・ラボラトリー株式会社

    超小型・中空ダイレクトドライブモータ
    簡単で安全なロボットの実現に求められるダイレクトドライブモータ

    このダイレクトドライブモータはこれまでの技術・製品で は対応ができなかった、人間との同じ場所で安全・簡単なロボ ットという課題に対して開発され、小型・高トルク・ギヤー レス・高分解能エンコーダという点に特徴を有し、安全・簡 単・静音・バックドライバビリティ改善に大きく寄与します。

    詳細を見る
  • (株)マキシマム・テクノロジー

    コントローラー不要の高効率ヒーターの実現
    コントローラー不要のヒーターへの応用

    温度制御回路が不要で一定温度を保持します。 ON-OFFによるスイッチングノイズが発生しません。 温度は10℃~250℃の範囲で調整可能です。 昇温スピードが速い為、素早く温めることに適しています。  ヒーター素子が小型のため狭い部分を温めるのに適しています。(写真1)

    詳細を見る
  • サクラテック株式会社

    MIMO FMCWレーダーモジュールとバイタルサインアルゴリズム
    レーダーによる複数人バイタルサイン(心拍/呼吸)の非接触測定システム

    ・独自開発した24GHz MIMO FMCW レーダーモジュール(miRadar®8)と小型PCを一体化した24GHzレーダー式バイタルサインモニターシステムです。 ・非接触で複数の対象者の心拍、呼吸を長時間にわたりモニターできます。 ・IoTクラウドシステムとの接続やスマートフォンでのアクセスも可能です。

    詳細を見る
  • 川本重工株式会社

    独自製法による超軽量・超高強度マグネシウム合金材の製造と加工
    特殊マグネシウム合金による超軽量・超高強度部品の提供

    マグネシウム合金は実用金属中最も軽い金属ですが一般的な市販材は強度が弱いため用途が制限されてしまいます。川本重工では変形拘束条下高圧プレス法(DRF法)を産学連携で開発し、金属組織の粒径の微細化及び高強度化を実現しました。既存の希土類添加型マグネシウム合金に比べて価格を50%以上低減し、引張強度は市販材の概ね2倍の450MPを実現しています。本材料は当社が培った加工技術により様々な形状での提供が可能です。

    詳細を見る
  • 株式会社日本サーキット

    電子回路設計・基板設計・ソフト開発・無線通信技術により、様々なセンサーネットワーク(IoT)を実現
    センサーネットワーク(IoT)

    センサーユニットにより黒球温度・気温・湿度を計測・収集し、サーバーにデータを送信する熱中症対策機器により、『WBGT(暑さ指数)』を見える化し、学校・介護施設・建設現場・工場など屋内外の熱中症予防に貢献します。 また、空調や冷凍冷蔵庫などの電力消費状況をセンサーで収集・解析・制御するシステムにより、『店舗の電気消費状況』を見える化し、食品冷蔵庫の適切な温度管理、エアコンの過剰運転、温度設定、照明の消し忘れ等を発見し、電気料金の節約に貢献致します。

    詳細を見る
  • 株式会社イクシス

    ロボット×AI×ARで省力化に貢献
    拡張現実空間(AR)を組み込んだAI搭載検査ロボット Floor Doctor

    専門の知識を必要としないコンクリートひび割れ検査装置です。AR技術を搭載したロボットを現場作業員が指示に従って操作するだけで、「もれなく」「高精度に」全面写真撮影が可能です。さらにそれらの画像はクラウドに自動送信され、AIにより自動でひび割れ検出、画像結合が行われ、図面への重畳の上、検査報告書として出力されます。

    詳細を見る
  • 株式会社ALTs

    生体センシング技術とハンドユニット技術の融合
    筋電義手型ハンドユニットとドライ式筋電センサMYOSCAN™

    つかむ、つまむ、にぎる、などの人間が行う様々な動作を実現できる多自由度の筋電義手型ハンドユニットです。当社独自のドライ式筋電センサーMYOSCAN™との組み合わせで人間の器用さに近い動作を行うことができます。 【主な特徴】 人に近い外観、多彩な動作 安価な製造が可能な設計方法 独自筋電センサによる優れた操作性

    詳細を見る
  • 株式会社SEtech

    情報量の少ない(画が出ない、画がない)カメラロボット技術の開発
    俯瞰的な鳥の目で動きを検出するエッジイメージング技術

    特定領域内(例;立ち入り禁止区域)の動きの検知を行う事で、カメラ(SEカメラ)からの出力情報量を減らし、画像処理演算負荷を大幅に軽減するシステムです。定常的な映像を出力せず(画が出ない)、必要時のみ情報を出すため、見る側、見られる側のストレスを低減した見守りシステムが実現できます。情報量の少なさを活かし、複数カメラを連携させた移動ルート追跡で安心安全な社会に貢献します。“鳥の目”とはこの“全体を俯瞰”するカメラです。

    詳細を見る
  • VRワイバオ・ジャパン株式会社

    スマートフォンVRを活用したギャラリー、展示場の提供
    VRギャラリー・どこでもミュージアム(どこみゅー)

    最新のVR技術をもとに、ユーザーがいつでもどこでも世界にひとつのミュージ アムを構築することを可能にしたディジタル資料活用アプリケーションソフトウエア技術です。 300坪以上の空間にユーザーが作品を掲示することが可能です。その作品の鮮明さ、大きさも実物相当です。アート作品以外でもユーザーが展示したいものを展示することが可能です。

    詳細を見る
  • アルケリス株式会社

    『世界から立ち仕事のつらさをなくす』
    足腰の負担なく長時間の立ち仕事ができるアシストスーツ「archelis(アルケリス)」

    「アルケリス」は足に装着し、装着者の体重をスネとモモで分散して支えることで、長時間の立ち仕事を楽にします。さらに3つの特長として、「装着したまま移動ができる」「電源不要」「さまざまな体型でも簡単な調整で装着が可能」があります。長時間立ち姿勢で手術をしなければならない外科医の負担を軽減するアシストスーツとして開発され、2018年に販売開始しました。2020年10月にはフレックスカーボン®を採用し、片足あたり約2キロと重量を従来より約40%軽量化した「アルケリスFX(エフエックス)」を発表しました。

    詳細を見る
  • 富士ソフト株式会社

    高画質のままデータサイズを少なくする新たな映像ソリューション
    高精細化処理による映像圧縮率向上技術

    静止画・動画を高画質のまま、データ容量を最大1/3に削減する技術です。一般的なエンコードは圧縮率を上げると画質の劣化も大きくなります。本ソリューションでは、エンコード前に独自の高精細化処理を入れることで、エンコード後の画質劣化を軽減させます。エンコード前に処理を追加するだけなので、一般的な任意のエンコーダーを使用可能です。

    詳細を見る
  • シーシーエス株式会社

    ロボット+AI画像検査用ソフトで複雑形状ワークの外観検査自動化をご提案
    検査用LED照明による外観検査の精度向上

    ①検査対象物に適した撮像光学機器(照明+カメラ+レンズ)を選定  照明は約1500種類のカタログ標準品を製造販売  全国13拠点に実験室を配備。専門のライティングコンサルタントが  最適な撮像条件をご提案。 ②AIラボで目視検査の自動化ソリューションをご提案  光学系・関連機器の選定、画像取得、AIソフトウェアでの判定  複数のAI外観検査ソフトウェアでの検証が可能

    詳細を見る
  • 株式会社JDRONE

    電子回路設計・基板開発・無線通信技術力を基にしたドローン専門企業
    ドローンのワンストップサービスの提供、導入コンサル(機体選定または開発・製造)、操縦教育研修、受託サービス

    【ソリューション開発】回路基板設計開発や無線通信技術力を基にしたオリジナルドローンや、ご要望の業務実現に沿った機体選定やカスタマイズソリューションを提案・開発します。 【導入支援コンサルティング】測量・計測、インフラ点検、空撮、自然監視などあらゆる現場で活躍できるドローンやドローンに関わるデバイスを導入支援します。 その他、操縦者教育スクール運営、業界別導入セミナー、ショップ・屋内練習場の開設等多角的なドローンサービスを展開しています。

    詳細を見る
  • 株式会社FullDepth

    コンパクトなボディに充実の機能を搭載した水中ドローン「DiveUnit300」
    産業用水中ドローン「DiveUnit300」

    当社で自社開発した水中ドローンは、水深300mまで潜航し、通信は超極細の光ファイバーを使用し、水中の映像・ソナー撮像、3次元的な位置情報、深度・水温などの情報を得ることで、これまでアナログな手法で行われてきた水中での調査点検業務を安全かつスマートに行うための産業用水中ドローンです。国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)にも登録されている商品です。

    詳細を見る
  • 株式会社SEtech

    情報量の少ない(画がない)、超小型(見えない)カメラロボット技術の開発
    目に見えない虫の目でエッジイメージング技術

    当社の動きベクトルカメラは、背景の静止画が消え、動体の輪郭(エッジ)のみが表示(画がない)され、方向を色で速度を幅で表示した独自のカメラです。原画像に動きベクトルを重畳させ表示させるモードも選択できます。従来の動体検知では画像処理の演算に大きな負荷を掛けていましたが、初段(エッジ)に動きベクトルカメラを用いることで、後段の演算負荷を大幅に軽減することが可能です。

    詳細を見る