さがみ発! 商品化ロボット

前腕筋電義手(横浜国立大学、東海大学医学部付属病院、特定非営利活動法人電動義手の会)

日常生活に必要な多くの動作が可能

事故等で欠損した手や腕の代わりに装着して使用する電動義手で、筋肉に伝わる神経活動を電気的に読み取り駆動します。
学習機能を持つため、個人に合わせた動きの設定が容易であり、また、親指を独立して動かせるなど、日常生活に必要な多くの動作が可能です。

国産品として全国初の「補装具等完成用部品」に指定

国産品の筋電義手として、厚生労働省による「補装具等完成用部品」に全国で初めて指定されました。

KRRCにおける取組について

神奈川リハビリテーション病院内に設置した「かながわリハビリロボットクリニック」(KRRC)において、今後の利用希望者からのご相談への対応に向けて、同クリニック内で義肢装具士等が試用・検証作業を行っていきます。

▼ 「かながわリハビリロボットクリニック」(KRRC)についてはこちら
http://www.kanagawa-rehab.or.jp/and-rehabilitation/krrc-syoukai