2019.05.28

床面ひび割れ検知ロボットが商品化されます!ーロボット実用化促進補助金ー

県では、「さがみロボット産業特区」の取組の一つとして、「ロボット実用化促進補助金」により、ロボットの早期実用化を図っています。
このたび、本補助金を活用して開発したロボットが、次のとおり商品化されることとなりましたので、お知らせします。

床面ひび割れ検知ロボット(手動式)(商品名:Floor Doctor)
【特徴】・業界初の床面ひび割れ検知ロボット(手動式)
    ・車輪に移動距離計測用のセンサーが搭載されており、撮影タイミングを認識可能
    ・赤色レーザーで撮影範囲を示すことで、視覚的に撮影範囲の確認が可能
    ・手元のライブカメラで映像を確認しながらの撮影が可能
    ・床面の損傷データを位置情報とセットで取得でき、図面との重ね合わせが可能
    ・取得データはAIを活用した損傷判定等により、検査報告書の作成業務時間の短縮に寄与
【想定用途】
    ・物流倉庫、プラント、ビル等の床面点検
【販売者】株式会社イクシス(川崎市幸区新川崎7-7 かわさき新産業創造センター(AIRBIC)内)
     電話:044-589-1500
【販売開始時期】令和元年7月(予定)
【販売価格】オープン価格
 ※仕様内容により異なります。詳細は販売者へお問い合わせください。

▼詳細やお問い合わせ先はこちらをご覧ください。
 https://www.ixs.co.jp/product/1310