2016.02.12

-「さがみロボット産業特区」重点プロジェクト-「パワーアシストハンド(単機能型)」が登場しました!

神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取組によって、生活支援ロボットの実用化・普及を通じた地域の安全・安心の実現を目指しています。
このたび、特区発の商品化第1号として平成26年6月に販売開始され、既に約300台が出荷されている「パワーアシストハンド」について、機能を絞った低価格のモデルがレンタル限定でリリースされましたのでお知らせします。

【製品概要】
■製品名 パワーアシストハンドUFO(Utility For Openhand)
■販売者 株式会社エルエーピー
     所在地 厚木市妻田西1-19-22
     電 話 (046)204-9343
■説 明
○パワーアシストハンドについて
脳血管疾患により手や指が麻痺や拘縮(こうしゅく)してしまった方のQOL(生活の質)向上のため、空気圧を利用して、手を握ったり開いたりする動作を安全にサポートする装置です。麻痺している手の甲側にベローズ(蛇腹)の付いたグローブを装着し、もう片方の手でスイッチを操作することで、グローブを装着した手が握ったり開いたりします。

今回の単機能モデルは、操作者が任意に操作するためのスイッチや、運動回数を表示するカウンター等を省略し、手を握ったり開いたりする動作を繰り返す機能に絞ったことでコストを削減し、低価格化と軽量化を図ったモデルです。

【リリース日】
平成28年2月10日(水)

*個人対象のレンタルのみの取扱いとなります。詳細は株式会社エルエーピー(電話 (046)204-9343)へお問合せください。

*なお、重点プロジェクトとしては引き続き開発を進め、平成28年度中を目途に、健常な片手の動きをセンサーで読み取り、麻痺している手に動きを伝えて同じように動かすタイプのロボットの商品化を目指しています。