ロボット技術マッチングサイト

掲載日(更新日):令和3年11月

株式会社五十嵐電機製作所

業界初!
磁気式アブソリュートエンコーダでCAN通信を実現
光学式アブソリュートエンコーダに比べ部品点数を1/10以下に削減
-40℃~+120℃対応、耐振動・耐衝撃に優れた高分解能12bit磁気式ロータリーエンコーダ
(特許出願済み)

GMRセンサ搭載磁気式12bit-CAN(Controller Area Network)出力アブソリュートロータリーエンコーダ

企業PR

小型DCモータのパイオニアとして70年、グローバル展開と国内外からの揺るぎない信頼に基づき、車載用電子制御スロットル用モータ、電動トランクオープナー用モータにおいて、世界シェアNo1の実績

技術概要、製品仕様

  • 分解能12bit-CAN通信出力(オプション15bit)アブソリュートエンコーダ
  • 使用温度範囲-40℃~+120℃
  • 優れた耐環境性 耐振動・・196m/s2 (20G)、耐衝撃・・980m/s2 (100G)
  • CANインターフェイスにより省配線、リアルタイム制御

  ▶ 消費電流30mA以下(終端抵抗ON時)
  ▶ 通信速度500Kbps
  ▶ 終端抵抗内蔵(スイッチでON/OFF設定可能)
  ▶ CANコマンドでCAN ID設定および原点補正可能
  ▶ CAN Version2.OB パッシブ、ビッグエンディアン



アピールポイント

  • 業界初!CAN通信対応12bit磁気式アブソリュートエンコーダ(ソフト変更により最大15bit対応可能)
  • CAN出力により、省配線を実現。従来型アブソリュートエンコーダでは、出力ケーブルが十数本必要でしたが、わずか4本で全機能を網羅しています。
  • GMRセンサを用いて同一軸上でセンシングし、エンコーダ単体としてのボールベアリング使用数を、独自技術により通常の2個から1個に削減しました。※特許出願済み

ロボットへの応用イメージ

  • CAN通信による上位制御回路との接続により、複雑な制御が可能となり、ロボットの自然な動作を実現できます。
  • CAN通信のため通信劣化が小さいので、100メートル程度までケーブルを延長しても問題ありません。
  • CAN通信により、省配線を実現 従来型アブソリュートエンコーダでは、出力ケーブルが十数本必要でしたが、僅か4本で全機能を網羅するので屈曲性が改善され、ロボット設計の自由度が広がります。
  • 12bit光学式エンコーダは、使用温度範囲が-10℃~+85℃程度でしたが、本製品では-40℃~+120℃に対応しており、高温/低温環境下のロボットに搭載が可能です。
  • 高分解能のエンコーダとしては、同特性の光学式と比べて容積を約30%削減しており、スペースの制約を軽減できる事から、ロボットの関節や出力軸への取付けが容易になります。
  • アブソリュート出力対応なので、ロボット装着時の原点復帰作業も必要ありません。
  • CAN通信アルゴリズムは、位置情報、回転速度、エラーメッセージ等といった制御項目について、カスタマイズが可能です。

特記事項

●CAN通信モニタを利用すれば、エンコーダユニットをラボに持ち帰る事無く、作業現場でのID設定や原点補正が可能です。(オプション)


●形状はカスタマイズ可能です。

企業の概要

企業名
株式会社五十嵐電機製作所
所在地
神奈川県川崎市幸区遠藤町49-1
従業員数
144名 (グループ全体 5,900名)
設立年月
1952/1/19
資本金
2000万円
ホームページ
https://www.jp-igarashi.com

この企業へのお問い合わせ

お問い合わせ概要
お問い合わせ内容
業種
社名・団体名
都道府県
氏名
部署・役職
TEL
EMail
EMail(確認用)

【注意事項】
の付いた項目は記入必須です。
・回答までに数日かかる場合やご質問によってはお答えできかねる場合もございます。

・お問い合わせにあたり、以下確認をお願いいたします。
※内容を確認し、全ての項目に☑のうえ、送信してください。

サイトポリシーについて

個人情報の取り扱いについて