「ロボットと共生する社会」とは?

「ロボットと共生する社会」とは、ロボットの実用化や普及・活用を進めることで、
ロボットが社会に溶け込み、いのちや生活を支えるパートナーとして活躍する社会のことをいいます。
「さがみロボット産業特区」では、このような「ロボットと共生する社会」の実現に向けた取組みを推進しています。

「かながわロボタウン」とは?

「かながわロボタウン」とは、「さがみロボット産業特区」でこれまで支援してきた生活支援ロボット等が活躍している様子を見たり、体験することでその効果を実感できるモデル空間のことです。
「さがみロボット産業特区」では、辻堂駅周辺を「かながわロボタウン」として展開しています。

<かながわロボタウンMAP>
くわしくは から見てね!