SAGAMI Topics さがみで取組む実証やイベント

2016.06.15「ロボット体験施設」に行ってみよう!

「ロボット体験施設」ーくらしに役立つロボットたちー

すてきなモデルハウスがある住宅公園。ここに、生活支援ロボットが展示されているのをご存知ですか。
展示されているロボットの全てを、どなたでも体験できる。それが「ロボット体験施設」です。

場所は、厚木市妻田にある「厚木住宅公園」、茅ヶ崎市茅ヶ崎にある「茅ヶ崎住宅公園」の2ヶ所。(ほかに巡回型もあります)

ロボット体験施設の詳細はこちらをご覧下さい。
ロボット体験施設HPリンク
「かなかなかぞく(生活支援ロボット)」HPリンク

生活支援ロボットって何?
未来のロボットハウスはどうなるの?
私たちの暮らしに、ほんとにロボットは役立つの?
そんな疑問に答える、「未来のロボットハウスへの第一歩」がここにあります。

それでは早速、実際に展示されているロボットを見てみましょう!

<コミュニケーションロボット「PALRO(パルロ)」>

介護予防活動のサポートを目的とした人型コミュニケーションロボット。一緒に体操をしたり、歌って踊ったりすることで運動器の機能維持向上をはかり、クイズやゲームをすることで脳の活性化も行います。
さらに一人ひとりの顔を見分け、名前を呼んだり、興味のある話題で会話をすることによって喜びや刺激をお届けします。

<食事支援ロボット「マイスプーン」>

手の不自由な方が体の一部を動かすだけで、自分で食事ができるようにするロボット。ご飯やおかず、菓子などほとんどの物が食べられます。

<手指の運動補助機器「パワーアシストハンド」>

麻痺してしまった手の曲げ伸ばしを補助。空気圧によって、安全に優しく指を曲げたり伸ばしたりすることで、リハビリを助けます。
特区の商品化第1号です。

<スマイルサプリメントロボット「うなずきかぼちゃん」>

毎日を笑顔にしてくれるロボット。話を聞いてうなずいたり、季節にあった話をしてくれたり、一緒に遊んだりすることができます。

<窓拭き掃除ロボット「WINBOT(ウィンボット)」>

簡単操作で、窓に張り付き自動でお掃除してくれるロボット。窓掃除に必要な水拭きから乾拭きまで、素早く効率的にお掃除します。私たちの代わりに、重労働で危険だった高いところなどの窓掃除をお手伝いしてくれます。

<メンタルコミットロボット「PARO(パロ)」>

本物の動物と同じように人と触れ合うことで、人の心を元気づけ、穏やかにする、アザラシ型ロボット。

<自動ページめくり機「りーだぶる」>

どんな姿勢でも本をめくれ、自由に気ままに本が読めるロボット。身体的な理由により、本のページをめくるのが困難な方でも、簡単に本をめくることが出来ます。

<センサーによる見守り支援システム「いまイルモ」>

離れて暮らす方や介護の必要な方など、見守る相手のプライバシーを尊重しながら、スマートフォンなどで家族の安否が確認できます。
「みまもりセンサー」を居間や寝室など、見守られる相手が良く使う部屋に設置。室温の異常や長時間の不在などの異常が発生した時、見守る側にメールが届きます。

<人の言葉を理解する犬型ロボット「ハロー!ズーマー」>

人の言葉を理解し、本物の犬のように反応します。
ないたり瞳を動かしたり、できる仕草の数は40種類以上。
目の光・動作で「感情」や「仕草」を伝えるため、耳の不自由な方でも楽しむことができます。

<自動排泄処理ロボット「マインレット爽」>

内蔵のセンサーが排尿、排便を感知し、排泄と同時に排泄物をすみやかに吸引し、温水で局部を洗浄、さらに除湿までをすべて自動的に行ないます。
寝たきりでも爽やかな排泄ができ、介護する人も労力と時間を大幅に軽減できます。

<遠隔コミュニケーションロボット「Kubi」>

既にお持ちのスマートフォンやタブレットなどをKubiにセットすることで、映像と音声、動作でコミュニケーションをとることができるロボット。
Kubiを利用することで同じ空間にいるような感覚になれるので、会議や遠く離れた家族とのコミュニケーションツールとして活用できます。

いかがでしたか? ロボットと聞くと、機械的なものを想像されるかもしれませんが、実際に触れてみると思った以上に親しみやすいものです。
この機会にぜひ、体験してみてください。

ロボット体験施設の詳細はこちらをご覧下さい。
ロボット体験施設HPリンク
「かなかなかぞく(生活支援ロボット)」HPリンク