SAGAMI Topics さがみで取組む実証やイベント

ロボット実証実験レポート|ガイダンスロボット(日本精工株式会社)

障害物センサーと音声案内で視覚障がい者の移動を支援

人の行きたい方向を察知し先導

病院や公共施設などの屋内において、視覚障がい者の移動を支援するロボット。手をグリップの上に乗せ、進みたい方向に軽く力を加えると、内蔵した力覚センサがその力を検知、指示通りの方角に動き出します。

開発の目的

視覚障がい者が利用する道具として白杖が一般的ですが、病院施設のロビーのような広い空間をスムーズに移動しづらく、介助者の手助けが必要だといった声などを受け、本ロボットの開発を行いました。

病院内での実証を実施

平成26年度には、実際の使用環境に近い、病院内での実証実験を行いました。 平成27年度中の実用化を目指し、今年度は普及改良版ロボットの試作を行います。また、安全認証や保険などについて検討しつつ、導入を想定した長期試用を実施する予定です。 なお高齢者など、視覚障がい者以外の方への適用も進めていきます。
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p866728.html