他にも・・・軽量部材、モーター及び制御技術、レーダー技術、無線/有線通信技術、加速度センサー、バッテリー
生体センサー技術、音声合成・簡易着脱機構、信号処理・HEMS技術、
安全装置技術、画像認識、除菌/脱臭、防水/耐水、ゲーム技術の利活用など

企業向け支援について

ロボット産業参入検討中・開発前

「まず市場ニーズが知りたい」

「自分の会社が作っている部品を
ロボット製品に応用してもらいたい」

「ロボット開発前の仕様・企画段階から
アドバイスがほしい」

ロボット開発企業も要素技術企業もまずはこちらにご参加を!

ロボット研究会(無料)

平成28年度オープンイノベーション交流会の様子

神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)では、企業や大学等の各機関が持つ資源を最適に組み合わせて、ロボットを最短期間で商品化する「神奈川版オープンイノベーション」を進めるため、生活支援ロボットの共同研究開発を見据えた「ロボット研究会」を設置しています。

整理したそれぞれの技術課題のソリューションを検討し、共同研究開発グループの形成を目指します。

ロボット研究会の活動例

■ロボット研究会フォーラム
・生活支援ロボットとそのニーズ
・箱根大涌谷における火山活動対応ロボット活用の可能性について
・サービス分野でのロボット活用
・医療ロボット技術のニーズ・シーズ

※神奈川県立産業技術総合研究所のHPに遷移します。

マッチング支援のフォーラムも

ロボット導入意欲の高いユーザーから直接ニーズ紹介を行いユーザーとロボットメーカーとのマッチングを図り、
新たなロボットの開発プロジェクトの立ち上げを推進します。

ロボット実用化促進事業
(1件あたり上限350万円)
フォーラム
複数回開催
開発費補助や専門家による技術的な支援

実際に特区支援策を利用した方の声

県内企業との人脈が広がりました。

 

大学などの研究者との交流を図ることができました。

 

要素技術の組み合わせについてのヒントなどがありました。

 

国や自治体の施策や動向が把握できました。

 

STEP2 へ